CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
Noriyuki Makihara Songs from N.Y.(DVD付)
Noriyuki Makihara Songs from N.Y.(DVD付) (JUGEMレビュー »)
オムニバス
ごめん、ご無沙汰なんですあっし(笑)
右も左もわかりませんが、このCDは聴きたいです。
RECOMMEND
Noriyuki Makihara Songs from L.A.(DVD付)
Noriyuki Makihara Songs from L.A.(DVD付) (JUGEMレビュー »)
オムニバス,ボビー・コールドウェル,トミー・ファンダーバーグ,ジョージ・デューク,ジェイソン・シェフ,ロビー・デュプリー,キム・カーンズ
って、二枚あるの??
NYとLAだ???
うーん、DVDは見ないな..(爆
ついてない版とかってないの?
RECOMMEND
WANNA BE THE PIANO MAN
WANNA BE THE PIANO MAN (JUGEMレビュー »)
オムニバス,K,ゴスペラーズ,槇原敬之,大黒摩季,綾戸智絵,SUEMITSU & THE SUEMITH
これもね、実は聴きたかったけどまだ。
ここの欄ってそういうCDの覚え書き化してるよね(笑)
RECOMMEND
GIRLS’ROCK
GIRLS’ROCK (JUGEMレビュー »)
デーモン小暮
これねー、好きよ。
はっきり言って。
じっくり聴きたいので早く買おう。
RECOMMEND
10 Stories
10 Stories (JUGEMレビュー »)
甲斐よしひろ
甲斐よしひろも、カバーCDを出すご時世。。
甲斐バンド世代としてはちょっと切ない。でも聴いては、みたい。
RECOMMEND
VOCALIST2
VOCALIST2 (JUGEMレビュー »)
徳永英明, Satomi, 坂本昌之, 谷村新司, 荒井由実, 吉田美和, 中島みゆき, 来生えつこ
前のを買おう買おうって思ってて、
佐野元春のベストに目が眩んでいたら
なんだよ!
ツーが出ちゃったよ!ツーだよ。
これは二枚買わなくては気が済まなくなっちまった。。。
旦那に内緒で捻出出来るかは謎である。
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
shinobi
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
オススメに。
藤臣柊子さんの本を載せてみました。

これね。
結構、いいんです。
あたしがこーゆー状態にあって、
一番心の支えになってくれてる本、二冊。

とっても読み易いしわかり易いから、
もし。
こころが疲れてるかなーって思って、
でも、鬱とかじゃないかもなー。
でも、心が全然はれんのよ。
ってお悩みの方は。

是非是非お読みになって。
とってもよいきっかけになること、請け合い。
現役のアタシがゆーんだから、
本当よ(笑)
| 活字中毒 | 01:51 | comments(2) | trackbacks(0) | |
最近読んだ
20060104_97010.jpg
と、いうか、感じた、というのか。
写真と文章のコラボなのだけど、とにかく写真が気に入った。町の風景なのだけど、いいんだこれが。
切ないんだ。
| 活字中毒 | 23:56 | comments(3) | trackbacks(0) | |
最近読んだ
20051229_93681.jpg
ムロイさん、その後調子はどうなんだろう。
このエッセイは、まだ彼女が銀座の蝶やっていた時から始まっている。
後書きで、現在の彼女が、この本を読み返して、なんて捨て身な女なのだと思った、と書いていて笑ってしまった。
| 活字中毒 | 18:29 | comments(2) | trackbacks(0) | |
遂に
20051223_90203.jpg
買ってしまった。文庫なのが悔しいけど。
だって装丁が、ハードカバーの方がはるかに美しいんだもん。
でもいいや。熱烈に片思いしてる人を、チープに半分落としたような複雑な気分(笑)
なんでもいいけど二度目のLoveholicはどんな感じだろう。ちょっと楽しみ。
ちなみに、登場人物の創路は、結構好みです。ふふふ(^-^)
| 活字中毒 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | |
読んだ〜
20051211_83302.jpg
自分的大平先生2冊目。最初に新しめの本を読んじゃったので、遡る感じなのかな。
実に興味深く、印象的な本です。切なくさえなります。モノにこだわりたくない、あたしのような対極にいるような人間も、紙一重に思えて来る。
あとがきに、先生の言いたかった事が、ぎゅっと込められている感じ。
あぁ〜他のも読みたい。でも、田舎の本屋には売れ線の新刊は無駄にあれども、こういうジャンルはない事が多い。さて、そろそろアマゾンドットコムの出番だぞ。
「愛にふさわしいものが愛を受けるのではなく、愛を受けたものが愛にふさわしくなる」…まさにそれだと思う今日この頃です。
「豊かさの精神病理」大平健 1990、岩波新書
| 活字中毒 | 14:53 | comments(5) | trackbacks(0) | |
| 1/2PAGES | >>